「楽観的で、いろいろ大丈夫で、愛に満ちてる」世界にようこそ

空想読書会

藤谷治

小説は君のためにある

更新日:

小説は君のためにある 藤谷 治 (著)

新書: 208ページ
出版社: 筑摩書房
発売日: 2018/9/6

この本に出会える読書会のテーマ:文学とは、小説とは、読むこととは

 

読み終えたものの、あまり好みの世界ではなかった本のとき、このサイトに記録を残すかどうかを迷っていたのですが、この本を読んで、私の好みはともかくすべて記録しておくことに決めました。

本を読むというのは、読んだ人と文章の間で起こる化学反応のようなもの。
私との間に起こるものと、他の人との間に起こるものは、全然違うものなんだ、ということが、わかったからです。

このサイトを運用していくにあたって、とてもいいタイミングで読めました。藤谷先生、ありがとう!!

-藤谷治
-

Copyright© 空想読書会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.